二十年ほいっぷの口コミ。くすみが気になる

肌のくすみを解消したい女性に選ばれてる二十年ほいっぷを使って実感した30代のレビュー

敏感肌でも大丈夫?二十年ほいっぷの低刺激性をチェック

美しくなる為の毎日のスキンケア。

しかし肌が敏感だと化粧水をつけたらヒリヒリしたとか、洗顔したらピリピリするとか、お手入れ後にお肌がヒリヒリしたり、赤くなってしまったという経験はありませんか?

肌が弱いと化粧品一つ、洗顔料一つ選ぶのも神経を使いますが、
では二十年ほいっぷはどうでしょうか?

こちらでご紹介します。

近年増加している敏感肌の判断基準

スキンケア製品は以前から乾燥肌用とオイリー肌用に分けられているものが多くあります。

しかし、最近ではそのどちらとも言えない敏感肌の人が急増しています。

敏感肌とは外部刺激に極端に弱い肌質のことを指します。

例えば、多くの人が使用しても特にトラブルがでない化粧品でも、自分だけが何かしらの症状が現れた場合、あなたは敏感肌と言えます。

具体的に出る症状は、皮膚のかゆみや痛み、かぶれ等です。
使用中に皮膚のほてりを感じることもあります。

その原因は、お肌の水分量が少ないことによるバリア機能の低下です。

つまり、敏感肌は乾燥肌の延長線上にあるとも言えます。

本来なら適度な水分と油分の膜で守られている皮膚が、なんらかの原因で欠落することで外からの刺激を強く受けてしまうのです。

敏感肌の改善には正しいスキンケアが必要不可欠です。
洗顔はたっぷりの泡で優しく素早く行うこと。

それから十分な水分補給が基本です。

敏感肌に嬉しい低刺激処方

敏感肌用のローションやクリームを使ってもイマイチ肌質が改善しない方は洗顔料も見直してみてください。

洗顔料はただ洗うだけのツールと考えて、安いものや身近で買えるもので適当に済ませている方も多いアイテムです。

しかし、お肌に付着した汚れを落とす洗顔料はスキンケア製品の中でも一番お肌に負担をかけやすいのです。

その洗顔料が刺激の強いものだったら、いくら他で気を使っていてもあまり意味がありません。

二十年ほいっぷは確かな洗浄効果と保湿効果を叶えつつも、敏感肌にも優しく使えるよう成分にこだわっています。
さらに、着色料、保存料、防腐剤といった敏感肌のNG成分を含みません。

二十年ほいっぷはコシのある弾力泡を作ることができます。
その為、手で洗うというよりも泡の気泡で洗顔することができ、肌への負担を最小限に抑えることができるのです。

このような方にはおすすめしません。

牧場のイメージ写真
美容成分として配合されているホエイは、二十年ほいっぷ最大の特徴とも言えますが、
このホエイは牛乳成分です。

口にするのと肌に触れるのでは違いますので個人差はあると思いますが、天然成分と言えども牛乳にアレルギーを持っている方は避けた方が良いでしょう。